コラム

ネットの誇大広告・健康食品など338事業者指導!

投稿日:

ネットの誇大広告が問題になっているわけですが、健康食品や化粧品など338事業者の354件の広告が指導されたそうです。

以前から、ネット広告に関しては、かなり問題になっていました。

ダイエットサプリなどでは、飲むだけで30キロ痩せるなどの、驚きの広告まで存在します。

それらの広告を東京都のお役所の方で指導したニュースです。

ネット誇大広告、健康食品・化粧品など338業者指導 東京都

(↑ニッポン消費者新聞のサイトに飛びます)

しかし、こういう広告もしょっちゅう指導している様ですが、中々変わる事がありませんし、次々と出てくるのが実情と言えるでしょう。

 

ダイエットサプリの大半は誇大広告なのか?

誇大広告が問題になる背景ですが、ダイエットサプリの大半が飲んでも痩せないという現実に突き付けられる事になります。

それらがフラストレーションとなり、購入者が消費者センターに連絡するなどして問題になるわけです。

ダイエットサプリの場合は、飲むだけで体重が40キロ代になれるとか、脂肪溶解が出来るとか、ありえないような広告が出て来る事もあります。

スマホなどで「ダイエットサプリ」とか「痩せるサプリ」などで検索すれば、明らかに誇大広告では?と思えるサプリも見つかるほどです。

一般的に現代の科学では、飲むだけで痩せるサプリというのは、存在しません。

それにも関わらず、飲むだけで痩せると書いてしまうのが問題なのでしょう。

サプリ以外にも、着用系の商品も評判は余りよくありません。

履くだけで骨盤矯正が出来るとか、ウエストが10cm細くなるとか、平気で書かれている物も多いです。

しかし、履いてみたら生地も安っぽいショーツで、履く前から痩せない事を確信してしまう場合も少なくありません。

この様な商品が問題となり、お役所が動く事になります。

飲むだけや履くだけでダイエットが成功出来ると言うのは、非常に楽に感じるために、飛びついてしまう人も多いのでしょう。

同様に美容系の商品であっても、塗るだけでしわやシミが除去されると謡っていれば、飛びついてしまう人も多いのではないかと思いました。

確かに、女性であれば顔のシミや自分のスタイルはかなり気になるはずです。

その悩みを簡単に消す事が出来るとあれば、興味を持ってしまうのでしょう。

 

338事業者354件の広告を指導をしたと言うけど・・・。

ニュースによると、338事業者の354件の広告を指導した事になっています。

この数字を考えてみると、1社あたり1商品程度しか指導した事になっていません。

事業者数と指導した広告の数が16しか差がないからです。

しかし、自分が見たところ、誇大広告商品を売っている会社はどう見ても、1商品だけ誇大広告という例は少ないように感じます。

そのため業者の方は1商品だけ販売を停止させておいて、他の商品は堂々と販売するケースもある様な気がするわけです。

私が気にしすぎなのかも知れませんが、どの程度の指導が出来ているのかは謎です。

さらに言えば、どの商品を指導したのかもよく分かりません。

 

誇大広告は儲かるのか?

20キロ痩せるとか、30キロ痩せると記載がある誇大広告ですが、あんな適当な事を書いてしまって儲かっているのか?と気になる人もいるのではないでしょうか?

人によっては、「買う奴がいるのか?」と思えるような商品も存在します。

実際問題なのですが、儲かっている業者は爆発的な売り上げを挙げているようです。

実際に、業者名がニュースにまでなった例が存在します。

消費者庁、ブレインハーツに措置命令と課徴金納付命令

これによると、短期間で7億を超える売り上げがあったような事が書かれていました。

スマートレッグなどは既に、販売が終っているようですが、かなり大きく宣伝していたようです。

さらに、儲かり過ぎてしまって消費者庁から目を付けられてしまった所もあるのでしょう。

サプリなどの場合は、原価は商品によって違いがありますが、原価はかなり安いと言われています。

さらに、金額が3000円位で販売されている為、問題にする人も少ないとされています。

3000円で消費者センターに連絡したり、消費者庁に連絡するのは、面倒な事から泣き寝入りしてしまう事も多いのでしょう。

意外に思うかも知れませんが、誇大広告は儲かるわけです。

因みに、誇大広告の特徴は下記の記事をお読みください。

 

関連記事:【ダイエット業界の闇】誇大広告のよくあるパターン

 

今日も誇大広告は運用されていた!

一番最初の多数の会社が行政指導を受けた話ですが、この記事を書くちょっと前の記事となっています。

これでもしかして、誇大広告がネット上から駆除されるのかな?という淡い期待を抱いていたわけです。

しかし、実際には本日もバンバン運営されていました汗

これが今の世の中の実情なのでしょう。

それと、誇大広告の表現を使わないとそもそも、商品が売れにくい問題があります。

広告の表記を守った広告を新聞などで見かける事がありますが、健康によい事はわかるのですが、どこに効くのかさっぱり分からない商品もあったほどです。

現在、飲めば絶大なる効果がある痩せると分かっている、ダイエットサプリや痩せ薬などは存在しません。

現在の日本では、サノレックス防風通聖散だけはやせ薬として認可されていますが、飲んでも痩せませんし、サノレックス辺りは副作用が強い事で有名です。

これが現在のダイエット業界の実情であり、国の方でダイエットサプリの発売を全て禁止しない限りは、誇大広告は出てくるのではないかと思われます。

残念ですが、これが実情だと言えるでしょう。

私は、これからも独自路線で、怪しいと思う商品は、容赦なく怪しいと伝えていきたいと考えています。

因みに、当サイトでD評価を付けた商品は誇大広告のオンパレードになっている場合が大半です・・・。

 

評価一覧

ダイエット方法の評価・・AAA(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)

 

 

 

-コラム

Copyright© ダイエット方法検証レビューブログ(辛口評価&内容暴露有り) , 2018 All Rights Reserved.