C評価 サプリ

リポドリンの効果は食欲抑制!ただし、厚生労働省は危険視している

投稿日:

リポドリンは、海外サプリであり食欲抑制効果があるとされています。

主力成分であるエフェドリンなどは、日本では禁止成分となっている為に、個人輸入でないと手に入れる事が出来ません。

それに応じて、オオサカ堂などの個人輸入代行業者に依頼して手に入れている人が多いです。

しかし、リポドリンに入っている成分であるエフェドラなどは、厚生労働省も危険視している成分でもあります。

さらに、リポドリンでは確認が出来ませんでしたが、過去にエフェドリン成分を摂取した為に、死亡した例もあるわけです。

最初に言っておきますが、副作用も多く危険成分が入っているリポドリンを当サイトではお勧めはしません。

それらをよく理解してから、読み進めてください。

 

アメリカのサプリは毒々しい

アメリカのサプリですが、毒々しいと思うのは私だけでしょうか?

パッケージも見る限り、危険な匂いがしてくるわけです。

実際にリポドリンは副作用が強く、毒を飲んでいる様な所もあるわけですが、リポドリンの黄色の粒が生理的に無理という人も少なくありません。

さらに、アメリカ人にして見れば、当たり前なのかも知れませんが、日本人から見るとリポドリンの粒は大きくて、飲みにくいという声も多数あります。

 

厚生労働省が危険視している!?

リポドリンに配合されている成分である、エフェドリンですが、日本の厚生労働省で健康被害が起きる可能性を指摘しています。

医薬品成分(エフェドリン等)が検出された製品について

これを見ると、危険商品として「リポドリン」は入っていませんが、エフェドリンが危険だという事を政府は認識しているようです。

もちろん、MDクリニックやヤンヒーホスピタルダイエットの様に、使わない事を名指しで喚起しているわけではありません。

しかし、健康被害が起きる可能性がある事を示唆しています。

エフェドリンは海外では死亡例もあるので、厚生労働省も危険視しているのでしょう。

尚、エフェドリンはコーヒーなどのカフェインと結びつくと、副作用の症状などが酷くなるとも言われています。

そのため、リポドリンと一緒にコーヒーや、カフェインの入っている物は摂取しない方がよいでしょう。

勿論、入浴や運動などにも注意が必要です。

ここまで注意が必要とあれば、国の方で個人輸入でしか手に入れる事が、出来ない様にしているのが分かるはずです。

 

リポドリンの効果

リポドリンの効果に関してですが、痩せたとか体重を落とす事に成功したという人は、日本のサプリに比べると多いです。

それにも関わらず、厚生労働省の見解を先に出してきたのは、危険だという事を最初に知っておいて欲しかったからとなります。

リポドリンの効果で一番多かったのが、食欲がなくなり食べる量が少なくなり、ダイエットに成功したというものです。

さらに、少食不振が続いて胃が小さくなったのか、少食でも満足できるようになったという人もいます。

尚、下記が大手ダイエット口コミサイトの評価なのですが、比較的評価は高いです。

しかし、ダイエットには成功したけど、副作用で胃酸が逆流したような感じになったり、動悸などに苦しむ人もいます。

ただし、稀にですが、リポドリンの副作用を全く感じなかったという方もいます。

元々体質的に、リポドリンに配合されている成分に強い人がいるのかも知れません。

しかし、副作用が出ないと考えて、飲みつづけているうちに、悪い成分が体に沈殿する可能性もあると考えています。

そのため、ダイエット効果が確認できたとしても、飲みつづけるのは良くないのではないかと思いました。

既に飲んでしまっている人も、リピはやめた方がいいのではないかと感じています。

 

リポドリンの副作用

リポドリンを服用した多くの方が、副作用に苦しんでいる現実があります。

中には、リポドリンを飲んで仕事や学校に行くのは不可能だという人までいるほどです。

リポドリンの主な副作用の症状としては、胃がキリキリする、動悸が激しくなる、手が震える、目眩がする、気分が悪くなるなどです。

これを見る限り、副作用により体調を悪くして食事量を落とし、ダイエットに成功するのがリポドリンという事になります。

ダイエットをする理由ですが、多くの方が今よりも綺麗になって、人生を充実させる為に行っているのではないかと思います。

体重が落ちるからと言って、副作用に悩まされて体重が落ちても、本末転倒ではないかと自分は思うわけです。

それらを考慮すると、とてもではありませんが、リポドリンをお勧めする事が出来ません。

 

リポドリンは、何が起きても自己責任

リポドリンですが、副作用で苦しんだとしても自己責任となります。

個人輸入は自己責任という事は、海外サプリを紹介するたびに書いていますので、知っている方も多い事でしょう。

リポドリンは、自己責任となりメーカー側に賠償を求めたりする事が出来ません。

死亡したとしても、自己責任となってしまうわけです。

個人輸入代行業者と楽天やアマゾンなどの違いは、「ドル決算かどうかだけだ」と思っている人もいるのかも知れません。

しかし、個人輸入代行業者に頼むと、自己責任という大きなリスクがあります。

つまり、リポドリンを飲むのはかなりリスクが高いです。

そこをよく覚えておいてください。

 

リポドリンの評価

リポドリンのメリットとデメリットをまとめてみました。

リポドリンのメリット

ダイエットに成功した人が比較的多い

リポドリンデメリット

副作用が苦しむ人が多い

何が起きても自己責任

危険成分が入っている

リポドリンはC評価とします。

最低、評価にしようかとも思いましたが、日本では厚生労働省の方から完全に使わない様に喚起されたわけではありません。

さらに、副作用が強いのは確かですが、ダイエットに成功した人もいるからです。

それを考慮すると、C評価が妥当なのかなと感じました。

ただし、エフェドリン配合している事から、厚生労働省も健康被害の可能性があるとされています。

そのため、リポドリンの購入はお勧めする事は出来ない状態です。

考えかたによっては、「副作用が起きなければラッキー♪」みたいな所もあるのかも知れませんが、体を蝕んでいく可能性は十分に考えられます。

ダイエットは、健康が一番だと考えるべきでしょう。

リポドリンを購入しようと思っている人も、既に飲んでしまっている人も、ダイエットに対する考えたかを変えるべきだと考えています。

評価一覧

ダイエット方法の評価・・AAA(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)

 

 

 

-C評価, サプリ

Copyright© ダイエット方法検証レビューブログ(辛口評価&内容暴露有り) , 2018 All Rights Reserved.