B評価 サプリ

リーンフレームは副作用が少ないけど、効かない事が多い!

投稿日:

リーンフレームというダイエットサプリがあります。

リーンフレームは美容外科などでダイエットピルとして処方してくれるBBXの改良版です。

BBXに比べると配合されなくなってしまった成分もありますが、メインになっている成分の量は大半は増えています。

オオサカ堂などの海外サプリの販売をしている業者からでも、購入する事が出来ますが、楽天やアマゾンなどでも購入する事が出来ます。

そのため、わざわざ個人輸入代行業者を使う必要はないでしょう。

リーンフレームは、ほぼ100%の人がダイエット目的で摂取するわけですが、正直なところ自分としてはわざわざリーンフレームを飲む必要はないのかな?とも感じました。

なぜ、私がリーンフレームは服用しなくても構わないと考えたのか解説します。

尚、リーンフレームはエクザフィットから販売されている商品です。

エグザフィットには、リーンフレームの他にも人気商品としてメガマックスマッスルという商品があります。

こちらは、男性用のサプリであり筋力をつける働きがあるとされています。

ただし、こちらも筋肉増強剤ではありませんので、飲むだけでムキムキの筋肉質にはなれません。

 

リーンフレームとBBXの成分比較

リーンフレームですが、BBXの改良版となっています。

主要成分をリーンフレームとBBXを比べると下記の様になっています。

リーンフレーム BBX
白インゲン豆エキス 300mg 145mg
ガルシニアカンボジア(ガルシニアエキス) 150mg 150mg
キトサン 100mg ×
L-カルニチン 100mg 150mg
緑茶エキス 100mg 200mg
トウガラシエキス 100mg 100mg
クレアチン一水和物 100mg 100mg
オプンチアフィクスインジカパウダー 100mg 100mg
CLA60% 50mg 50mg
L-チロシン 50mg 50mg
L-テアニン 50mg 50mg
コムギ胚芽パウダー 50mg 50mg
アルファリポ酸 20mg 15mg
CoQ10(コエンザイムQ10) 20mg 9.5mg
ショウガエキス 10mg 5mg

全体的にみればリーンフレームとBBXの成分は似ていますが、白インゲン豆の成分量が大幅に増えている事が分かります。

白インゲン豆ですが、食物繊維が豊富に含まれていて腸の活動を活発化させる作用が期待出来ます。

リーンフレームを摂取した人の中で、ダイエットに成功した人よりもお通じがよくなったと感じる人が多いのは、白インゲン豆の効果が効いたのでしょう。

尚、リーンフレームにはBBXにはないキトサンという成分が配合されています。

キトサンは日本のダイエットサプリに多く含まれている成分でもあり、コレステロールの抑制、肥満予防、デトックス効果、血圧の上昇を抑える、免疫力の向上などの作用があるとされています。

しかし、キトサン配合の多くのサプリを飲んでも痩せない現実があり、実際には効能は分かりにくいです。

 

ダイエットピルとして販売されていた

BBXの補足情報なのですが、BBXは美容外科などでダイエットピルとして発売されている事が多かったわけです。

上記は湘南美容外科のサイトですが、BBXがサノレックスや、アカルボース、ゼチーアなどと共にダイエットピルとして販売されている事が分かります。

尚、BBXをはじめダイエットピルを購入するのであれば、個人輸入代行業者よりも病院などで処方してもらう事がお勧めです。

クリニックなどでは正規品がほぼ100%手に入りますが、個人輸入だと偽物が出回っている可能性もあります。

今後、リーンフレームがダイエットピルとしてクリニックで販売されたとしても、購入するのは正規品が手に入るクリニックがよいでしょう。

 

楽天でもアマゾンでも購入が出来ます。

リーンフレームですが、楽天やアマゾンでも購入する事が出来ます。

海外サプリの場合は、楽天やアマゾンで販売できないと思っている人も多いです。

しかし、リーンフレームの場合は成分的に見ても、日本国内で販売されているサプリの成分と特に変わりはありません。

リーンフレームは、日本の健康食品やサプリを販売できる基準を満たしています。

そのためリーンフレームは楽天やアマゾンでも堂々と販売する事が出来るわけです。

ただし、楽天やアマゾンでも気軽に買えるというだけであり、飲めば痩せると言うわけではありません。

 

リーンフレームは安全な海外サプリなのか?

リーンフレームですが、副作用が起きたという人は、ほとんどいないはずです。

実際に、購入した方の口コミを見ても副作用が出てしまった人はほとんどいません。

海外サプリといえば、ダイエット効果は高いが副作用が強く食欲が全く湧かないとか、頭痛、目眩、悪心などの症状が起きる人もいるほどです。

さらに、病気で寝込んでしまって何も食べれずに3キロ減ったとか、仕事にも行けない程に副作用が出てしまった本末転倒な人もいます。

最も酷いのは、MDクリニックに代表されるような死亡例でしょう。

それに対して、リーンフレームは副作用が出た人を見つけるのが、困難なくらいです。

もちろん、リーンフレームを飲んだ事で具合が悪くなったりしたら、医師の診断が必要ですが、購入する時に副作用の心配はしなくてよさそうです。

ただし、規定量を上回って飲んでしまった場合は、胸やけなどの副作用が起きた例がありますので、飲むにしてもルールを守って服用する事が重要と言えます。

 

リーンフレームの効果・効能

リーンフレームですが、販売ページを見ると「食欲抑制」「脂肪燃焼」「しなやかな筋肉作り」とあります。

食欲抑制

食欲抑制効果として、L-チロシンと L-テアニンが配合されています。

イライラしたりストレスが溜まってしまうと、何か食べて憂さ晴らしをしたくなった事がないでしょうか?

人間は感情的になりストレスが溜まると、コルチゾールが分泌されて食欲が湧いてくる様になっています。

別にお腹が減っているわけでもないのですが、ストレスにより偽の食欲が出てきてしまうわけです。

ストレスが多い人が太りやすい理由は、コルチゾールが多く分泌される事が原因となります。

L-チロシンと L-テアニンを飲む事で、ストレスが原因の食欲なども抑えてくれる作用があるとされています。

L-チロシンと L-テアニンがリーンフレームの広告でいう食欲抑制に繋がるのでしょう。

 

脂肪燃焼

リーンフレームには、L-カルニチンが配合されています。

L-カルニチンの作用によりリーンフレームには脂肪燃焼効果があると言いたいのでしょう。

L-カルニチンは日本の脂肪燃焼サプリなどには必ずと言ってよい程、配合されている成分です。

なぜか販売ページの画像にはないのですが、白インゲン前には食物繊維による、便秘解消以外にもデンプンの消化を妨げる作用があります。

他にも、糖と脂肪の消化を妨げてダイエットに繋げるオプンチアフィクスインジカパウダーなどの成分も配合されています。

 

しなやかな筋肉作り

しなやかな筋肉作りとして、アルファリポ酸やコエンザイムQ10などの成分も配合されています。

これらの成分は、日本でも筋トレした後などに、飲むサプリにも多く配合されている成分です。

日本のMUSASHIなどのサプリや、ザバスなどのプロテイン系にも配合されている事が多いと言えます。

ただし、筋力アップも目指すのであれば、リーンフレームを飲むだけではなく筋トレをしたり運動やエクササイズをする必要があります。

 

リーンフレームには痩せない口コミが多い

リーンフレームですが、今までの効果・効能の解説だと凄そうな成分が沢山入っている様にも思えたかも知れません。

しかし、成分表を見ても分かるように、日本のサプリと大差ないわけです。

そのため口コミなどを見ても、非常に評判が悪く痩せた人が少ないのが現状だと言えます。

下記がダイエットカフェのリーンフレームの口コミです。

この記事を書いている段階では7件しか口コミがありませんが、非常に評価が低い事が分かります。

リーンフレームを飲んでも体重が減らなかったという口コミが多いです。

他にも、リーンフレームを、飲んでも食欲が収まらなかったなどの効果に対する不信感がある人もいました。

これがリーンフレームのダイエット効果の現状なのでしょう。

結局は、日本で医師の処方もいらずに販売出来る様な成分しか、リーンフレームは入っていない事もあり、生活態度を変えない限りはダイエットは難しいはずです。

この口コミがリーンフレームの限界を現わしている様にも自分は感じました。

 

リーンフレームの評価

リーンフレームのメリットとデメリットをまとめてみました

リーンフレームのメリット

副作用がない(少ない)

楽天やアマゾンで購入できる

便通がよくなる

リーンフレームのデメリット

ダイエット効果が微妙

飲めば無くなる

価格が高い

リーンフレームの評価はBとします。

海外サプリでありますが、副作用が少ないところは評価できると思いました。

ただし、ダイエット効果が貧弱にも感じますし、そもそも飲む意味があるのか?と言われると微妙な気分になるからです。

さらに、成分的には色々入っている様ではありますが、痩せる確率が非常に低いと言えるでしょう。

それでも、安全な成分が多く含まれている事や、副作用が少ない事は評価出来るかなとは感じました。

リーンフレームは、嘘の情報が書かれているわけではありませんし、誇大広告でもありません。

そのためB評価が妥当かなと感じています。

ただし、結局はリーンフレームを摂取するだけでは痩せないので、ダイエットに成功するためには生活習慣を変える必要があります。

個人的には、特に購入する必要はないサプリにも思えました。

さらに、ちゃんと毎日規定通りに、リーンフレームを飲めば1カ月で6000円ほど掛かる事になります。

それを考えると、価格的にも高いかなと感じました。

評価一覧

ダイエット方法の評価・・AAA(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)

 

 

 

-B評価, サプリ

Copyright© ダイエット方法検証レビューブログ(辛口評価&内容暴露有り) , 2018 All Rights Reserved.