我慢しないダイエットケアは、ダイエットには必要ないと思った

我慢しないダイエットケアは、ドラッグストアなどでも普通に販売しているダイエットおやつとなります。

普通のお菓子に比べると、金額は高いですが、低カロリーになっていて、ダイエット中のおやつにも最適だとも言われています。

私がドラッグストアに行ったときに、我慢しないダイエットケアに目が行き思わず買ってしまったのでレビューをします。

因みに、私が購入したのは上記の画像の通り我慢しないダイエットケアのさくさくポテトとなります。

尚、我慢しないダイエットケアを販売しているメーカーはアサヒであり品質的に安心と考えている人も多い事でしょう。

 

ドラッグストアで売っていた

我慢しないダイエットケアは、先にも言ったようにドラッグストアで売っていたので、思わず買ってみました。

我慢しないダイエットケアの様なダイエット系のお菓子は、低カロリーですが、金額が高めに設定されているため、基本的には購入はしません。

しかし、今回半額のシールが貼られていて、「食べてみようかな?」と感じて、魔が差して購入してしまったわけです。

私は我慢しないダイエットケアの「さくさくポテト」を購入したのですが、我慢しないダイエットケアのシリーズには他にも、「黒糖きなこビスケット」「豆乳おからビスケット」「ベイクドポテト」などもあるようです。

 

どんな商品なのか?

我慢しないダイエットケアがどの様な商品なのか解説します。

こんな感じのお菓子です。

我慢しないダイエットケアのさくさくポテトの大きさはこれ位です。

隣は化粧品の解説で有名なかずのすけさんの本となります。

袋から中にある「我慢しないダイエットケアのさくさくポテト」を取り出してみました。

我慢しないダイエットケア・さくさくポテトは、何本入っているか数えようかとも考えましたが、数が多かったのでやめておきました。

画像からでも、我慢しないダイエットケア・さくさくポテトがどれ位の量が入っているのかが分かったのではないかと思います。

 

カロリーが低く作られている

我慢しないダイエットケアの特徴ですが、カロリーを抑えて作られている事でしょう。

私が購入した、我慢しないダイエットケアのサクサクポテトは、1袋辺りが67kcalとなっています。

1箱の中に4袋入っていましたので、全部食べても268kcalとなります。

コンビニなどでも売っている代表的なお菓子と言えばチップスターではないでしょうか?

上記は、スモールサイズのチップスターのうすしおですが、こちらは全部食べると266kcalとなります。

我慢しないダイエットケアのさくさくポテトを4袋全て食べてしまうと、チップスターのスモールサイズとカロリーの摂取量は、ほぼ同じとなります。

つまり、我慢しないダイエットケアを4袋食べてしまうと、ポテトチップスの代わりにはならない事になるでしょう。

 

我慢しないダイエットケアを食べてみた

我慢しないダイエットケアを食べてみた感想ですが、普通に食べる事は出来ました。

不味くて食べれないわけではありませんが、めちゃくちゃ美味しいとか、そういうわけでもありません。

ただし、あると何となく食べたくなってしまうという、おやつ独自の感覚はあります。

我慢しないダイエットケアの味の方も無機質な感じがして、ダイエット系のお菓子になっている事が分かりました。

結論からいえば不味くはないが、美味しくもないという感じです。

尚、私の中では我慢しないダイエットケアのさくさくポテトよりは、先ほど紹介したチップスターの方が味も美味しいと思いました。

我慢しないダイエットケアには、食物繊維や鉄分が多く含まれているとは思いますが、味で言えばチップスターの方が勝っています。

 

中毒性があり空腹感を刺激すると思った

我慢しないダイエットケアですが、中毒性があると思いました。

これはスナック菓子全体に言える事ですが、1回味を覚えてしまうと、翌日も食べたくなってしまうわけです。

この負のスパイラルが厄介な症状だと感じました。

我慢しないダイエットケアは、ダイエット中のおやつに良いとも言われていますが、中毒性があるので食べるのはお勧めしません。

さらに、お腹が減った時に、腹の足しにしようと思って食べてしまうと、空腹中枢を刺激してしまうのか、余計の食べたくなってしまうわけです。

「やめられない、とめられない、かっぱえびせん」という言葉がありましたが、その状態になってしまう前に、スナック菓子を食べない習慣をつける事が大事だと思いました。

腹持ちもよいとは言えないでしょう。

 

買わない方がいいという結論に達しました。

我慢しないダイエットケアですが、結論を言ってしまえば買わない方がいいと思いました。

先ほどのチップスターと比べても、我慢しないダイエットケアを全部食べてしまえば、カロリーは大して変わらないからです。

さらに、お菓子と言うのは、先ほども言ったように癖になりやすいと思いました。

ダイエット中であれば、お菓子は食べない事を習慣にするべきです。

お菓子を真夜中にポリポリ食べて痩せるのは、非常に難しいと感じています。

お菓子やおやつを食べない習慣になれる事が、ダイエットへの道だと私は考えています。

 

我慢しないダイエットケアの評価

我慢しないダイエットケアのメリットとデメリットをまとめてみました。

我慢しないダイエットケアのメリット

低カロリーに作られている

不味くはない

我慢しないダイエットケアのデメリット

量の割に価格が高い

食べただけでは痩せない

我慢しないダイエットケアは、C評価とします。

お菓子を食べると、にきびが出来たりしてしまう様な人は、特に食べない方がいいのではないかと思いました。

我慢しないダイエットケアのさくさくポテトの場合は、食べる事でのメリットが何も感じる事が出来ませんでした。

痩せたいのであれば、ダイエット系のスナック菓子と言えども、我慢するべきでしょう。

我慢しているうちに、食べなくてもいられる様になります。

1回食べてしまうと、病みつきになるので注意が必要です。

我慢しないダイエットケアを買っても少量である一袋で終わればいいのですが、満足感が足りずに全部食べてしまった人も多いのではないかと感じました。

 

ダイエット方法の評価・・S(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)