ウエイトンの脂肪が減る効果は微々たるものです!

ウエイトンは、機能性表示食品であり、主にお腹が気になる人の為に作られたダイエットサプリとなります。

ウエイトンは、葛(くず)の花由来のイソフラボンが、体に作用して痩せると思っている人も多いようです。

さらに、機能性表示食品でもあり、国がお墨付きを与えたダイエットサプリと思って、飲めばお腹の脂肪が減ると解釈している人もいる事でしょう。

ウエイトンが機能性表示食品なのは、事実ですが、あくまでもダイエットサポートであり、飲むだけで痩せるとは思わない方がよいでしょう。

尚、ウエイトンを飲んでいるからこそ運動は必ず行うべきです。

因みに、下記はウエイトンを販売しているジェイフロンティア株式会社の商品となります。

 

関連記事:やさいとろける温スムージーは飲むだけでは痩せない事実がある!

関連記事:酵水素328選生サプリメントは痩せないと嘆く口コミが多い!

 

機能性表示食品とは

ウエイトンを考えるうえで一つの重要なキーワードが機能性表示食品になるはずです。ウエイトンは機能性表示食品が下記の様なものだと語っています。

機能性表示食品は、科学的な根拠が証明され機能性や安全性が消費者庁に届け出された食品の事を指す事になっています。

これは本当の事なのですが、勘違いしやすい部分もあります。

ウエイトンは、科学的な根拠が示された証拠を消費者庁に提出した事は事実です。

しかし、機能性表示食品の場合は提出がされただけであり、消費者庁の方で確認はしていません。

意外に思うかも知れませんが、機能性表示食品は業者の方で資料を消費者庁に提出したというだけで、消費者庁が論文を読んでみたり確認するなどのチェックをしてはいないのです。

機能性表示食品と似ているもので「トクホ」があります。

トクホは「特定保健用食品」の略であり、トクホの方は業者が提出した資料を消費者庁で確認しています。

ここがトクホと機能性表示食品の大きな違いとなるわけです。

尚、ウエイトンは資料の提出をした事で、「体重やお腹の脂肪の減少を助ける」という表記を記載する事が出来るようになりました。

ウエイトンのダイエット効果に関しての資料が消費者庁に提出されただけであり、実際の効果が認められたわけではありません。

尚、葛の花由来イソフラボンは、過去に16の業者が消費者庁に指導された事がニュースになりました。

葛の花イソフラボン(消費者庁)

上記の消費者庁の資料内容を見ても、葛の花由来のイソフラボンを飲むだけでは、簡単に痩せる事が出来ない事が分かるはずです。

 

ウエイトンのダイエット効果の嘘と真実

ウエイトンを見ると凄く痩せそうなイメージもありますが、嘘と真実を述べてみます。

ウエイトンは肥満気味でないと効果がない??

ウエイトンには、BMIという言葉がよく出てきます。ダイエット用語としてBMIと言う言葉を聞いた事がある人は多いのではないでしょうか?

BMIは22が平均とされていて、ウエイトンはBMI25~30の方が葛の花イソフラボンを飲んだ場合のデータを出してきています。

BMI25~30というのが、どれくらい太っているのかですが、身長160センチの場合は下記の様になります。

BMI 体重(キロ)
22(平均) 56.3
25 64.0
30 76.8

これを見ると分かるかと思いますが、ウエイトンの主力成分である葛の花イソフラボンで効果があった方は、かなり肥満気味になるはずです。

つまり、少しお腹に肉が付いてきたとか、そういう方の場合だと対象に入っていません。

これを考えると、ウエイトンも肥満気味の方でないと効果が出ない可能性もあるという事です。

 

ダイエットに成功して当たり前では?

ウエイトンには、お腹の脂肪が減った様なグラフが出てきます。

しかし、よく見ると下記の文言が記載されている事が分かります。

これを見ると分かるように実験結果では、1日に9000歩を歩くのと、1日2000kcalになるように食事制限をしていたという事です。

歩幅は人によって違いますが、9000歩も歩くとなると5キロか6キロぐらいは歩く事になりそうです。

これを考えると、ウエイトンを飲まなくてもウォーキングと食事制限で痩せるとも考えられるのではないでしょうか?

特に実験に使われている人は、肥満の方であり、これくらいの体重は飲まなくても落ちるような気がするわけです。

ウエイトンのこの記述は、サプリを飲むだけでは痩せないし、運動と食事制限をする事が大事だと言っている様にも感じました。

 

グラフの単位に注意するべし!

ウエイトンですが、グラフの単位に注意をするべきだと思いました。

グラフには、腹部脂肪面積の変化量とあり、お腹の脂肪が急激に落ちている様に見えないでしょうか?

人によっては、ウエイトンを飲んだ場合と飲まなかった場合で、ウエストが20センチも違うのか!と思ってしまったかも知れません。

しかし、ここで注意して欲しいのがグラフの単位がcm(センチ)ではなく、㎠(平方センチメートル)だという事です。

これをウエストで換算すると、わずか2センチほど細くなった事となります。

ウエイトンを12週間(約3カ月)の間、肥満体型の方が飲んでも2センチしかウエストが変わらなかった事になります。

ウエストの2センチと言うのは、少し食べ過ぎれば増えてしまいますし、少し食事制限をすれば減る量でもあります。

つまり、ウエイトンを飲んでも、効果に関してはほとんど分からない事になるでしょう。

葛の花イソフラボンのダイエット効果を詳しく調べてみると、飲む必要はないのではないか?とも感じています。

 

遊離脂肪酸はダイエットをする上で重要です。

ウエイトンの広告を見ていると、遊離脂肪酸という言葉が目に付きます。

葛の花イソフラボンが脂肪を分解して遊離脂肪酸に変えてくれると言います。

さらに、葛の花イソフラボンの成分が褐色脂肪細胞の燃焼を促進してくれるわけです。

これを見ると、ウエイトンを飲むだけで脂肪燃焼が出来てしまう様な気にならないでしょうか?

遊離脂肪酸ですが、私が思うにサプリを飲むよりも、体の脂肪をマッサージしたり、揺らしてあげた方がよいはずです。

脂肪を摘まむだけでも、脂肪は遊離脂肪酸に変換されます。

もちろん、脂肪を摘まんでも全ての脂肪が遊離脂肪酸に変わるわけではありませんが、一部の脂肪は遊離脂肪酸に変わります。

遊離脂肪酸は全身を駆け巡りますから、このタイミングで運動をすると脂肪燃焼効率が非常によくなるわけです。

ジムなどに通っている人であれば、振動マシンが置いてあり10分ほど、体を揺らしてから運動に入る人も多い事でしょう。

振動マシンで、全身の脂肪を揺らす事で脂肪を遊離脂肪酸に変えて、運動効率を高める為に行っているわけです。

EMSなどの振動系のダイエットは賛否がありますが、EMSの振動も脂肪を遊離脂肪酸に変換する力があると言われています。

私としては、サプリを飲んで遊離脂肪酸を作り出すよりは、体をマッサージしたりして脂肪を遊離脂肪酸に変えた方が健康にもよいと考えています。

そのため、遊離脂肪酸の原理を考えても、ウエイトンはあえて飲まなくてもいいのではないか?とも考えています。

尚、もっともNGなのはウエイトンを飲んでいるのに、運動をしない事でしょう。

 

関連記事:私がEMSに否定的な理由

 

3カ月継続を推奨しているが・・・。

ウエイトンの広告を見ると3カ月継続する事を推奨しています。

検証データの結果から3カ月飲むことを勧めているわけですが、この内容であると3カ月飲んでも効果は分からないと思われます。

多くのダイエットサプリと同様に、3カ月飲んでも効果が分からない可能性が極めて高いという事です。

定期購入も3カ月ありますが、あえてウエイトンを飲む必要はないかな?とも感じました。

 

ウエイトンには定期購入がある

ウエイトンには、定期購入があります。

初回は980円であり2回目からは、3420円の金額が掛かる事になります。

尚、初回の980円だけ受け取って、解約する事は出来ません。

最低でも3回の継続が必要です。

7820円が最低でも掛かる金額となります。

定期便などは2万円の請求が来る事もざらにあるのに、その中では安い部類に入るはずです。

ただし、定期便と言っても割引が10%しかなく、その点を考慮すればお得感は余りありません。

定期便を考えている方は、3回継続、初回のみ980円、2回目からは3420円の金額が掛かる事は理解しておきましょう。

3回継続を理解せずに購入してしまうと、ウエイトンの業者との間にトラブルが起きますので注意してください。

尚、解約につきましては、下記に電話する必要があります。

0120-770-328

フリーダイヤルになっているのは、良心的だと思いました。

 

ウエイトンの評価

ウエイトンのメリットとデメリットをまとめてみました。

ウエイトンのメリット

機能性表示食品となっている

問い合わせの電話がフリーダイヤル

ウエイトンのデメリット

飲むだけでは痩せない

広告で凄そうに見せかけている

ウエイトンは、C評価とします。

ウエイトンを機能性表示食品とはいえ、ウエイトンを飲むだけでは、ダイエットが極めて難しいと判断したためです。

さらに、実験結果に関しても、cmではなく㎠の単位になっているなどユーザーの勘違いを誘発しやすいなと感じました。

乳酸菌・ビタミン・CoQ10などの成分も配合されてはいますが、ダイエットの力になるのかは微妙だと思った次第です。

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が配合されていはいますが、実験結果がBMIが25から30の肥満体質の方に微々たる効果が出たという結果に対しても、微妙な感じがします。

それらを考慮して、ウエイトンはC評価としました。

メーカーの方もダイエットサポートがメインで考えていて、ウエイトンを飲むだけでは痩せるとは思っていないでしょう。

こういう商品はダイエットよりもお守り代わりとして、飲まれる事が多いです。

尚、ウエイトンは葛の花イソフラボンのデータは出してきていますが、ウエイトンを飲んで痩せたデータではないので注意が必要だと言えます。

ダイエット方法の評価・・S(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)