コラム トクホ

トクホコーラ【3傑】のレビューを終えて

更新日:

今回は、トクホコーラのレビューが終わったので、レビューを書き終えての感想の記事にしたいと思います。尚、完全に終わったわけではなくトクホコーラに関して新しい情報が入れば随時更新していく予定です。

これまでにトクホのコーラは3つレビューしてきました。レビューしたのは下記の通りです。

キリンメッツコーラ

コカ・コーラプラス

ペプシスペシャル

この3つはトクホコーラ3傑と呼べるほど売れている商品です。コンビニやスーパーなどでも簡単に見つける事が出来るでしょう。

しかし、どのトクホコーラも最終的に健康に悪いという結果が出ています。人工甘味料や添加物の関係で、普通のコーラを飲んだ方がマシという結論です。

 

尚、上記の3つのトクホコーラの記事は3つで1つの記事だと思ってもらっても構いません。3つのトクホ商品を比較した記事を書こうかと思った事もありました。

しかし、ペプシスペシャルが490mlに対して、難消化性デキストリンが5gに対して、コカコーラプラスの難消化性デキストリンは470mlに対して5gなのでコカ・コーラプラスの方がお得だと!という記事は意味がないと思いました。

もちろん、トクホコーラ3傑でもカフェインの量や成分配合は違いますし、価格の違いがあります。しかし、それらを論じても意味はなく、結局のところ健康に悪そうだという結論が出ているので、そこをお伝えする事が大事だと考えました。

さらに、記事を書き終えた時点で思った事がいくつかあるので書いてみたいと思います。

尚、トクホコーラは商業的には成功しているのではないかと思いました。商品としては失敗だと思っていますが・・・。

 

ダイエットと言う付加価値が変な方向性に向かう

トクホコーラで一番の売りはダイエット効果が期待出来る事だと思います。実際にはトクホコーラでダイエットをするのは難しいはずですが、買い手としては「健康によさそうでダイエットも出来そう!」と思って買う人が多いです。

近年、ダイエットブームの影響もあり、「カロリーハーフ」とか「カロリーゼロ」などの商品が多くなっています。

普通の商品にダイエットという付加価値を付ける事で価値を高めて売り上げに結び付けるという方法です。

しかし、この方向性が商品を変な方向性に向かわせているんだと思いました。

人工甘味料を使ってカロリーをゼロにするなどの手法の事を指します。カロリーゼロの事に関しては次の記事をお読みください。

本当は怖いゼロカロリーのお話し

実際に、人工甘味料は発がん性があると言われていますが、マウスなどの動物での実験であって人間に対して本当に発癌性があるのかは分かっていません。

日本に人工甘味料がもたらされたのは、戦後でまだ50年くらいしか経っていないと言われています。そのため、本当に発癌性があるかは分かりません。

しかし、自然界にない成分のため人間の脳は認識できずに、食欲が増してしまい余計に太るとも研究者の間では言われています。

それをトクホコーラとして出すのはちょっと問題では?と思うところもあり、辛口でレビューとなりました。しかし、私が思うにトクホの基準にも問題があるのではないかと思っています。

 

トクホの基準を変えるとか改善が必要では?

トクホコーラをレビューしていた時に、特に思ったのがトクホの基準を改善するか名称を変更するかした方がよいのではないかと思いました。

トクホの正式名称は「特定保健用食品」です。保健用食品という言葉から、飲むと健康によい!と思ってしまわないでしょうか?

しかも、トクホコーラであるキリンメッツコーラ、コカコーラプラス、ペプシスペシャルには脂肪が減ってダイエットが出来るような記述があります。

さらに、国がお墨付きを与えたという印象が強いトクホです。これだと買い手側がトクホは健康によくてダイエットが出来ると信じてしまってもおかしくはないはずです。

特定保健用食品と言うのであれば、添加物に対しての基準をもう少し厳しくするとか、飲むと健康によいのか悪いのかもう少しはっきりと書いた方がよいはずです。

トクホに関して、基準は国民が勘違いしないように変えて欲しいなとも思った次第です。

それか、特定健康用食品と言うのを「特定配合成分食品」に変えてみるとかした方がいいかなとも感じました。

トクホコーラのこれからの、さらなる進化に期待したいと思います。私は現在、プロテインくらいしかサプリらしきものは摂取していませんが、ダイエットや健康にトクホコーラがよいと言うのであれば変えてもいいと思っています。

そこまでは、何十年も掛かるかも知れませんが期待はしています。

 

コーラは歴史ある飲物

せっかくなので、コーラについても知っている事をお話したいと思います。コーラと言うと、最近の飲み物だと思っていませんか?

しかし、実際にコーラが開発されたのは、100年以上前です。

コーラはジョン・S・ペンバートン博士が1887年に開発しました。日本では明治時代で伊藤博文が総理大臣をしていた時代です。その時代にコーラはアメリカで誕生しました。

それ以来、コカコーラのマーケティングの上手さや味の美味しさから世界中で愛されています。開発したジョン・S・ペンバートン博士もここまで広がるとは思っていなかったかも知れませんね。

しかし、日本では「骨が溶ける」など健康に悪い事が指摘されていましたが、トクホと認定される事で評価を健康な飲み物と認識されやすくなりました。確かに、トクホコーラは残念なコーラに感じますが、味だけは美味しいと思います。

 

トクホコーラの最終的な感想

私のトクホコーラの最終的な感想なのですが、どのトクホコーラも継続して飲みたいとは思いませんでした。味は美味しい事は認めますが、難消化性デキストリンと添加物だけで出来ているような飲み物はイマイチだと感じたわけです。

確かに、世界中で愛されている飲み物ではありますが、継続して飲みたいとは思いませんでした。

それと、トクホコーラみたいなのを飲み始めると、毎日、飲みたくなるなど中毒症状を引き起こす場合も考えられます。コーヒー中毒ほどは酷くはないと思いますが、たまに楽しみの時に飲みたいと思いました。

尚、トクホコーラ自体は酷評はしましたが、販売しているコカ・コーラやキリン、サントリーなどの会社に対して嫌いとかそういう事はありません。

私は普段はアルコールは飲みませんが、週末などは友人と飲みに行ったりします。その時は、キリンやサントリーのビールを美味しく飲んでいます。

さらに、コーラを世界的に流行らせたコカ・コーラに対しては敬意も抱いています。

トクホコーラのレビューでは評価を低くさせて頂きましたが、サントリー、キリン、コカコーラなどが切磋琢磨してコーラだけではなくドリンク業界を盛り上げていって欲しいと思っていました。

 

追記1

私の友人にトクホコーラ3傑を飲んで味比べをしてもらいました。私は3つとも味が大して変わらないと評価しましたが、味比べをしれくれたAさんに言わせると違うそうです。

コカ・コーラプラス・味がいいが、最後に甘みの残ってしまうのがイマイチに感じた

ペプシスペシャル・すっきり飲める、後味もよい

キリンメッツコーラ・最初にコーラの原液が来る感じで炭酸とよく混ざり合っていない

Aさんの言うには、ペプシスペシャルが一番おいしくて、その他は飲む価値がないとまで言っていました。

これはあくまでAさんの感覚ですが、参考にはなると思います。ただし、キリンメッツコーラの評価を上げようとかそういう気にはなりませんでした。

 

 

評価一覧

ダイエット方法の評価・・AAA(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)

 

 

 

-コラム, トクホ

Copyright© ダイエット方法検証レビューブログ(辛口評価&内容暴露有り) , 2018 All Rights Reserved.