コラム プロテイン 未分類

プロテインで太ってしまう理由

投稿日:

近年の多くのダイエッターはプロテインを飲むのが当たり前になりつつあります。実際に、運動している方は運動後に飲んだりする場合が多いです。

実際に私もプロテイン愛好者なのですが、【プロテインを飲むと太る】というお話を聞いた事がないでしょうか?

答えなのですが、プロテインを摂取しすぎれば太ります。

その理由などをここでは簡単に解説します。

 

プロテインで太る原因

プロテインというのは、高タンパク質です。基本的にプロテインは低カロリーなのですが、カロリーを含みますので摂取すれば太ります。

さらに、たんぱく質の構成成分であるアミノ酸は大量に摂取したとしても、アミノ酸として体に貯めておくことが出来ません。

使いきれなかったアミノ酸は脂肪になってしまうわけです。

プロテインも摂取カロリーが足りなければエネルギーとして使われますし、摂取量が足りていて過剰に摂取すれば脂肪になってしまいます。

つまり、プロテインを摂取する場合もカロリーを気にする必要があります。

決して、高たんぱく低脂肪であれば太らないと言う事はありません。

 

プロテインの糖質の量に注意をする

プロテインを摂取する人の中には、体を大きくしたいという方とダイエットのためにやっている人で分けられるはずです。

ダイエットをしたい人が注意するべきは、糖質の量です。

体を大きくするためのプロテインなどは糖質の量が多いです。

体を大きくするためのプロテインなどは、「大きなカラダづくりに」(例ザバスウェイトアップのプロテイン)などの表記がされている事も多いので表記を見れば大体わかります。

逆に、糖質が少ないようなプロテインは「減量するために」(例ザバスウェイトダウンのプロテイン)などダイエットに関する表記がされている場合も多いです。

雑誌ターザンのようなボディを目指すのであれば、別ですがダイエット目的であれば糖質が少ないプロテインを選びたいところです。

 

炭水化物の量もプロテインによって違います。

人によっては、気にする人も多いのですが、プロテインによって炭水化物の量が違います。

下記の画像を見てください。

 

上記の画像は少々分かりにくいかも知れませんが、ホエイプロテイングルタミンプラスの成分表です。

これを見ると、製品100グラムあたりに炭水化物が3,5グラム入っているのが分かります。商品によって100グラムあたりが1食分21グラム当たりだったり表示の違いはありますが、炭水化物の量を調べる事が出来ます。

私はそれほど気にはなりませんが、プロテインといえども炭水化物の量が気になってしまうという方はチェックしてみるとよいでしょう。炭水化物系のダイエットをしている人はチェックするべき項目でしょう。

 

ソイ、ホエイ、カゼインでは体への吸収力が違う

最近では、ホエイプロテインがやけに流行しています。ホエイというのは乳清を原料としています。

それに対して、ソイプロテインは大豆を原料としていますし、カゼインは牛乳を原料にしています。

ホエイが一番吸収力が高くプロテインをジュースなどに混ぜてしまったりすると、吸収がさらに加速されて太りやすくなってしまいます。

ダイエット目的でいえば、吸収力がスローペースなソイやカゼインを選んだ方が太りにくいです。

尚、私がプロテインを飲む時は水で割って飲む事が多いです。たまに、牛乳で割ることもありますが、基本は水です。それでも、味でいえば牛乳で割った方が美味しく飲めることは間違いありません。

 

プロテインの摂取量について

私のプロテインに対する見解ですが、「太る」などは余り考えなくてよいでしょう。理論的には過剰摂取すれば太る事になります。

過剰摂取は腎臓や肝臓に負担を掛けてしまう場合も多いですし、私はお勧めはしていません。

多くのプロテインが1日2食分ほどを推奨しています。そのため、プロテインの摂取量はパッケージに記載をしてあるので、それを超えないようにすればいいだけです。

 

上記の画像は「ザバス ソイプロテイン100」です。これを見ると、「お勧めの摂取ポイント」として目安1日2回(約42g)と書いてあります。

さらに、運動後が一番摂取するのにお勧めのタイミングで、次におやすみ前、その次に朝食の時がお勧めだという事が分かります。

私の場合も、プロテインは飲んでいますが、目安の量を超えない様に飲んでいます。この量を守っていれば過剰摂取とはいえないはずです。

ただし、プロテインだけを飲んでいれば、ダイエットも出来て筋肉もついて健康的な体にもなるとは考えない方がよいでしょう。

あくまでプロテインは、補助的な役割しかしません。私はプロテイン愛好家ですが、運動もしていますし、メインはマッサージやストレッチです。

これらをやっているからこそ、プロテインを飲む意味があります。

プロテインを飲むだけではなく痩せ体質も作って欲しいなと思いました。プロテインの過剰摂取は控えるようにしましょう。

プロテインを飲んで太ってしまったという方は見た事がありませんが、理論上は沢山飲めば太るという事は覚えておいてください。

 

評価一覧

ダイエット方法の評価・・AAA(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)

 

 

 

-コラム, プロテイン, 未分類

Copyright© ダイエット方法検証レビューブログ(辛口評価&内容暴露有り) , 2018 All Rights Reserved.