コラム 便秘 未分類

ダイエットで便秘になってしまう場合の対処法

投稿日:

ダイエットをすると便秘になってしまう方が必ず出てきます。多くの場合は、極端に食事制限をした場合に便秘になってしまう場合が多いです。

便秘といえば、老化が促進されるとか、代謝が低下されるなど悪いイメージが多いです。

しかし、食事量を減らせば今までと同じように便が出なくても当たり前とも言えます。

何故なら、食事量が減った分だけ、排出量も減るのが当たり前だからです。

ここでは、ダイエット中の効果的な便秘対策などをお教えします。

尚、記事の最後に便秘で死んでしまった人がいる事実なども紹介しています。ちょっとした便秘の豆知識もお話しますので興味がある方は読んでみてください。

 

ダイエット中に便秘になってしまう原因

ダイエットで便秘になってしまう原因ですが、先にお話したように食事量を減らした場合に起きる事が多いです。

食事量を減らせば、減った分だけ排出量も減り今まで通りに便が出なくなります。

排便と言う行為は大腸に一定量の便が溜まった時に、脳から指令が出て排便したくなります。

つまり、一定量が溜まらないと排便が出来ません。

便の保管所である大腸は水分を吸収してしまう性質があります。そのため、水分がどんどん抜けてしまい結局は便が固くなってしまうわけです。

固くなってしまった大便は栓のようになってしまい排出するのが難しくなってしまいます。

排出するのに、それだけの筋肉か後ろから押してくれるバッファが必要になります。

つまり、極端に食事制限をした場合などは便秘になりやすいのです。

 

一般的なダイエット中の便秘解消法

ダイエットと便秘を解消する場合ですが、幾つかのダイエットブログやサイトを拝見させて頂きました。その結果、食べる量はそのままにして、カロリー摂取量を意識する事が大事だと書かれている物が多かったです。

つまり、食事の全体量は変えずに、食事のカロリーを気にする事でダイエット中にも便秘にならないという方法です。

これも私は一つの手だなとは思いました。ただし、私は余りお勧めはしません。それって結構、面倒に感じないでしょうか?

食事量を減らすのは最高で2割

しかし、私がお勧めするのは、ダイエット中であっても食事を減らす量はとりあえず2割に留めておく事です。

尚、ファスティングや置き換えダイエットは一切しません。

急激に食事量を減らすのはリバウンドも元です。仕事などでむしゃくしゃしたり電車の中などで不快な思いをするなどストレスが溜まってしまいドカ食いした経験があなたにもないでしょうか?

私は極端な食事制限は、なにかしらの原因で爆発してしまうと思っています。そのため、食事制限はMAXでも2割のカットをお勧めします。2割くらい減らして食物繊維を多めに摂取すれば、便秘にはなりませんし、逆にスッキリと排便出来ると感じる事も多いはずです。

食物繊維を多く摂取する

野菜ジュースなど食物繊維を多く摂取するようにします。食物繊維を多く取ることで腸内の善玉菌を増やしたり腸内環境が改善されて便を排出しやすくなります。

ただし、腸内環境や体質により不溶性食物繊維が有効な方と水溶性食物繊維が有効な方に別れます。

食物繊維を摂取すると、便が柔らかくなる効果も期待出来るため非常にお勧めです。

尚、私はほぼ毎日、野菜ジュースを飲んでいます。

さらに、友人とココ壱番屋などに行ったときは、必ずハーフサイズカレーを注文しています。ハーフサイズカレーにはドリンクが付いてくるのですが、毎回、必ず野菜ジュースにしています。

ここまで気を使う事は無いのかも知れませんが、私は毎日、野菜ジュースを飲む事で便秘知らずな体質を維持しています。

尚、水分を多く摂取するのも有効な方法の一つです。

 

運動やストレッチをする

運動をするというのは、有効な便秘解消法でもあります。運動をして筋肉をつける事です。男性が女性に比べて便秘になりにくい理由は筋肉量の違いでもあります。

つまり、女性は筋肉が少ないために便を排出するだけのパワーが少ないのです。

そのため、便秘になりやすいです。ただし、筋トレとなると、大変だったりするのでストレッチやマッサージを効果的に行いリンパの流れをよくする事で便秘が解消される場合もあります。

むしろ、女性であれば続けにくい筋トレよりは、続けやすいストレッチやマッサージをする方がお勧めです。

実際に私は男ですが、健康維持や体型維持のためにリンパマッサージや運動を行っています。

ゆったりとした服を着る

ゆったりとした服は、体を締め付けません。

家の中にいる時や寝ている時に、ゆったりとした服を着るのがお勧めです。

きつい服を着ると大腸が動きにくくなってしまいます。そのため、便秘に関してはゆったりとした服を着る事も重要です。

ただし、太っても分からない様に、ゆったりとした服を着る事はお勧めしません。

あくまで便秘対策としてゆったりとした服を着るというだけです。

お洒落なタイトな服もダイエットのモチベーションアップのためであれば、積極的に着るようにした方がよいでしょう。

ゆったりした服とタイトな服はバランスを取る事が大事だと私は感じています。

尚、補正下着でダイエットをしようと考えている方もいるかも知れませんが、補正下着は体をかなり矯正させるものもあり、便秘になりやすくなってしまう場合も多いです。

オーダーメイドの下着であっても、ワイヤーで体を矯正するため便秘になってしまうので要注意です。

 

太っていて便秘知らずの人もいます。

これは、おまけ的な記事なのですが、太っていても便秘知らずな人は存在します。

太っていると脂肪で胃や小腸や大腸を押し付けられてしまい逆に便秘になりそうな気もします。しかし、実際には脂肪で押し付けられて便秘になるケースはほとんどないようです。

太っている人は例外を外せば多くの場合で食べ過ぎています。先ほどの私は「一定量の便が体に溜まると排便に向かう」と話しました。

太っている人は食べ過ぎているわけですから、常に大腸の中に便が詰まっている状態です。大腸に毎日、便がしっかりと詰まっているので便秘知らずでいるというわけです。

便秘というのは、健康のバロメーターの一つの指標でしかなく、決して、毎日のようにスッキリできているからといって健康というわけではありません。

そこをよく理解してくださいね。

 

ダイエット中の便秘についてのまとめ

ダイエット中の便秘対策をまとめると下記のようになります。

極端な食事制限はしない

食物繊維を多めに摂取する

体を締め付ける衣類は着ない

運動やストレッチ、マッサージをする

これらを意識するとよいでしょう。

尚、これらを実行しても便秘が改善されないケースも考えられます。その場合は、病院に行き(出来れば便秘外来)診察をしてもらうのがお勧めです。

上記の方法については、普通の便秘にのみ有効な方法になっています。直腸が倒れて便秘になってしまうような「スーパー便秘」の場合は、食物繊維を摂取すると余計に苦しくなってしまう事も多いです。

自分で努力をしてみて、ダメなら病院に行き医師の診察を受けるようにしてください。

尚、便秘になってしまったからといって、下記で紹介したような下剤ダイエットに走るのは絶対にやめてください。

下剤ダイエットの効果【評価・・D】、最低最悪な痩せる方法です。

 

ここから先の記述は、便で死亡した人がいるとか、便は何キロ貯める事が出来るのか?などダイエットとは余り関係がない「おまけ」の記事です。

便秘に関する面白知識として気になる人だけ読んでみてくださいね。

 

大腸に関する基礎知識

大腸に関しての基礎知識を書いておきます。

ところで、大腸ってどの辺りにあると思いますか?お腹の真ん中の辺りが大腸だと思っている人も多いようですが、実際にはお腹の下の方の部位です。

大腸の長さは1,5メートルあり、身長の低い女性と同じくらいの長さがあります。この辺りは、学校の理科の授業で習うのではないでしょうか?

便秘になりやすい方は、この辺りを覚えておくと、便秘になった時に、自分のどの辺りが不調なのか分かりやすくなります。

 

便はどれ位、貯める事が出来るのか?

便秘に苦しむ女性は多いのですが、便は一体、最高でどれ程の量を貯める事が出来るのでしょうか?

体の大きさなど人によって、もちろん誤差はありますが、理論上は平均6キロもの便を貯める事が出来るようになっています。

尚、便を我慢した最高記録は102日間です。

102日間は世界記録として認定されています。

しかし、一般の方が便を我慢しても何の得もないので、便意があるときにサッと済ませるべきです。ダイエットで考えても体に長期間に渡って便があるのは好ましくありません。

そのためなるべ我慢をしない事が大事です。

 

宿便はあるのか?

宿便という言葉を聞いた事がないでしょうか?別名として滞留便とも呼ばれています。人間の体の中には腸の蠕動運動をもってしても排出出来ない便があるとされています。

それを【宿便】と呼ばれたりするわけです。ある専門家によると宿便を抜くだけでも3キロのダイエットが可能と言います。しかし、ある専門家は宿便などは存在しないというのです。

私は実際にどちらが正しいのかは分かりませんが、余り気にする必要はないかなと感じています。

あるか無いのか分からない物を気にするよりは、食べ物を気にしたり健康や体型を気にするべきでしょう。

コーヒーエマネなどを使う事で宿便を出せるという話も聞いた事がありますが、実際には分からないところが多いようです。

コーヒーエマネ自体に価値はないという方もいます。

 

便秘で死んでしまった人がいるって本当?

便秘で死んでしまった人がいるって話をご存知でしょうか?ちなみに、世界的なミュージシャンであるエルビス・プレスリーは便秘が原因で死亡したとも言われています。

人工肛門を付けるべきか?という話もあったようですが、彼は拒否し続けたそうです。

さらに、日本でも1年に渡って便を出さなかった女性がいて腸閉鎖で亡くなったとされています。死亡する2日前までは普通に仕事もこなしていたそうです。

体の中には7キロ近くの便が詰まっていたそうです。この話が本当であれば便を我慢した世界記録は彼女になるでしょう。

ダイエットとからは、かなり脱線してしまいましたが、便秘も侮ると大変な事になると言う事が分かります。

 

下痢になってしまう方法

ちょっとした下痢になってしまう方法も紹介しておきます。冷たい食べ物ばかりを食べると、腸が刺激されて急激に蠕動運動が加速されます。

蠕動運動が加速されると、大腸で水分を吸収される間もなく排便に向かってしまうため、ぴちゃぴちゃの下痢になります。

私はお勧めはしませんが、便秘になりやすい人は冷たいものを多く食べるという方法もあります。

しかし、下痢になってダイエットは栄養失調になってしまい肌が老化してしまったりするので注意が必要です。もちろん、筋肉が減ったりしてリバウンドしやすくなります。

ダイエットのコツは長く続けられる方法を毎日やる事でしょう。もちろん、健康的な方法でなければ意味はありません。

 

編集後記

本来はもっと短い記事になる予定だったんですが、書きたい事が色々とあり気が付いたら、こんな長さになってしまいました。

便秘というのは早い方であれば、小学校6年生くらいから便秘になってしまうそうです。

それを考えれば、便秘に長年苦しんでいる人も多いかと思います。

しかし、私は治らない便秘はないのではないかと思っているんです。ダイエットをすると共に体を健康にして便秘も治してくれたらなと記事を書きながら思いました。

便秘で悩んでいるのであれば、ストレッチやマッサージ(腸揉みマッサージも地味に有効)から初めてもらえればと感じています。

体を健康体質に近づけて、その過程で便秘も克服しましょう!

 

評価一覧

ダイエット方法の評価・・AAA(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)

 

 

 

-コラム, 便秘, 未分類

Copyright© ダイエット方法検証レビューブログ(辛口評価&内容暴露有り) , 2018 All Rights Reserved.