コラム テレビ番組 筋肉 運動

筋肉の最新研究が凄い

更新日:

NHKスペシャル人体という番組を見たのですが、今回は筋肉編です。

脂肪編に比べると、インパクトは薄かったのですが、筋肉もやはり興味深い話でした。

尚、脂肪とIL-6の記事は下記をお読みください。

脂肪の最新研究が凄い!

IL-6が免疫細胞の暴走を防ぐ【日本人が発見】

 

筋肉の興味深い話

番組を見ていて感じたこと書いてみたいと思います。

筋肉って何種類位あると思いますか?

私は小さい筋肉も合わせると100種類くらいしかないと思っていました。

しかし、一般では知られていないような筋肉も合わせると、400種類もあるそうです。

さらに、脂肪は丸くて弾力性がありますが、筋肉は長いのが特徴だそうです。

この辺りは知っていましたが、番組で改めて確認が出来てよかったと思いました。

脂肪のお話で、脂肪はレプチンというメッセージ物質を出しているとお話しました。

筋肉も同様にメッセージ物質を出しているそうです。

尚、筋肉に関するメッセージ物質の論文は100以上あり世界中の研究者の間で注目されています。

 

ミオスタチンは筋肉の成長を抑制する働きがある

筋肉のメッセージ物質として、番組で取り上げられていたのが、ミオスタチンというメッセージ物質です。

ミオスタチンというのは、筋肉に対して「成長するな」と促すメッセージを脳に発するそうです。

重要なので、もう一度いいますが、ミオスタチンは筋肉を成長するなというメッセージを脳に出しています。

筋肉というのは、必要以上に発達してしまうと体のエネルギーを浪費してしまいます。

そのため、体のエネルギーを無駄に消費しないために、ミオスタチンが脳に発達するなと指令を出すわけです。

 

筋トレは素晴らしい

筋トレは素晴らしいという話をしたいと思います。

尚、私自身は、現在は週に3,4回ほどジムに行き、上半身と下半身は交互に筋トレしています。

基本的に3セットだけしかしていませんし、ボディービルダーを目指しているわけでもありません。

BUAとよばれるバルクアップアーティストには、少し憧れるところはあります。

尚、筋トレに関しては、様々な効能があるそうです。

代表的なのを紹介します。

 

筋肉が癌を抑制する

筋肉が癌を抑制するという事は、NHKスペシャル人体の番組内で言っていました。

私はどこかで聞いた事があるような気がしましたが、筋肉が本当に癌を抑制してくれるのであれば素晴らしい事だと思いました。

ただし、最近の研究では小太りしている人の方が癌になりにくいという話も有名になっています。

それを考えると、番組内でもう少し突っ込んだ内容にして欲しいなと感じました。

癌に関しては、まだまだ不明な部分が多そうです。

筋肉が鬱を改善する

番組内でもチラッと筋肉が鬱病の予防になったり治すという発言がありました。

私の考えではありますが、適度な筋トレや運動をする事は鬱の予防や改善になると私は思っています。

私の知人の中で、うつ病の薬とかもらっている方も実際にいますが、私としてはうつ病の薬などを貰う前に筋トレや運動をしてストレス発散してもらいたいです。

日本人はストレス発散というと、すぐに飲み会とかを考えがちですが、アルコールに頼るよりは定期的な運動などの方が健康的によいでしょう。

あと、運動をしていると、中々マイナス思考にならないものです。

しかし、運動は一人でやるのは続かない可能性が高いので、ジムなどに行くのがお勧めです。

 

筋肉が記憶力をよくする

記憶力が悪い人の事を「頭が筋肉で出来ている」という人がいます。

しかし、最近の研究では運動して筋肉を動かすとカテプシンBというメッセージ物質が出る事が分かってきました。

カテプシンBは、脳の海馬に働きかける事で記憶力をよくするそうです。

つまり、記憶力を上げるためには、筋肉を動かした方が能力は上がる事になります。

私は最近、ジムで本を読むことが多いです。

後ろに背もたれのあるエアロバイクに乗り自転車漕ぎをしながら読書をしています。

重さはほどほどですが、ビジネス書などを読んでいると、集中できますし、内容が頭にも入ってきますし、本に書いてある事の行動も実行に移すのがたやすくなりました。

エアロバイクを乗りながらの、読書はかなりお勧めなのでやってみてください。

ジムなどのエアロバイクですと、テレビを見れたり音楽も聞けますが、自分の中では最もお勧めなのは読書です。

 

免疫細胞の暴走を抑制する

免疫細胞の暴走を抑える働きもあります。

筋肉が出すIL-6というメッセージ物質がその役割と果たすとされています。

IL-6に関しては、別記事にしたので読んでみてください。

日本人である岸本忠三さんが発見したメッセージ物質です。

 

ボディビルダーは体が弱い?

脂肪の方の項目で書こうかなと思いましたが、ボディビルダーでもあり筋肉自慢のオオドリーの春日さんが言っていた事なので筋肉の方で書きたいと思います。

春日さんのいうには、ボディビルダーは大会が近くなると風邪を引きやすくなったり、体が弱くなっている人が多いそうです。

筋肉ムキムキなのに、体が弱いって変だと思いますよね。

しかし、脂肪の方の記事を読んでくれた方なら分かるかと思いますが、脂肪は免疫細胞を増やす様に脳に働きかける役割もあります。

ボディビルダーは筋肉ムキムキで体脂肪がほとんどありませんし、脂肪が少ないため免疫力が弱くなり風邪を引きやすくなる事も十分に考えられるでしょう。

それを考えると、筋肉も発達させればいいというものではなく、脂肪とのバランスも大事だなと感じました。

私から見ると、NHKスペシャル人体は、非常に興味深く面白い話でした。次回もまたみたいですね。

 

 

 

評価一覧

ダイエット方法の評価・・AAA(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)

 

 

 

-コラム, テレビ番組, 筋肉, 運動

Copyright© ダイエット方法検証レビューブログ(辛口評価&内容暴露有り) , 2018 All Rights Reserved.