コラム 筋肉 脂肪

IL-6が免疫細胞の暴走を防ぐ【日本人が発見】

投稿日:

NHKスペシャル人体のレビューの第三弾です。

IL-6というメッセージ物質について解説したいと思います。

尚、本来であればIL-6は筋肉のところで記載されていても、おかしくはありません。

しかし、番組内で「IL-6」は日本人が発見したと紹介されていました。

そのため、日本人を応援する意味も込めて独立した記事にする事にしました。

一種の日本人贔屓ですねw

IL-6を発見して日本人を調べてみたのですが、岸本忠三(きしもとただみつ)さんだそうです。

下記が画像です。

免疫科学者の中では、世界的な権威ある先生だそうです。

ウィキペディアにも掲載されている先生です。

岸本忠三先生については、ウィキペディアを見るのもよいでしょう。

尚、この話を読む前に、筋肉と脂肪の記事も読んでおくと覚えがよいはずです。

筋肉の最新研究が凄い

脂肪の最新研究が凄い!

IL-6の効果

脂肪のところでの話で、脂肪が多すぎると免疫細胞が暴走してしまうというお話をしました。

簡単に言えばメタボの人は脂肪が多すぎるために、免疫細胞が暴走して爆発し、血管を傷つけてしまい成人病を引き起こすそうです。

IL-6という物質は、免疫細胞の暴走を抑える役割があるそうです。

IL-6が出る条件が筋肉を動かすこと。

つまり、脂肪が多い場合は、食事制限をするだけではなく、筋肉を動かして運動する事も大事だと言えます。

ただし、IL-6は状況によって役割が違うとも言われていて、詳しい事はまだまだ研究段階なのだそうです。

もしかして、近い将来、IL-6が医療などでも活躍する日が来るかも知れませんね。

日本でも日夜研究している方々もいます。

日本から世界を震撼させるようなものが、出てくればいいなと考えてこの記事は書きました。

日本人研究者の方々頑張ってください!

 

 

評価一覧

ダイエット方法の評価・・AAA(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)

 

 

 

-コラム, 筋肉, 脂肪

Copyright© ダイエット方法検証レビューブログ(辛口評価&内容暴露有り) , 2018 All Rights Reserved.